【高校入試】「専願推薦」について

こんにちは。穎才学院教務です。本日は高校入試における「専願推薦」について。

毎年、この時期になると「推薦」についてのご相談を頂戴します。

まず、受験の仕方については、受験生・保護者のみなさんに自由があると私は考えています。ですから、私は「どんな学校に行くのも、どんな仕方で受験するのも、みなさんの自由です」と前置きした上で、

「受験生であるあなた自身が/お子様が勉強したいならどんどん勉強すればいいし、したくないならしない方が良いのではないですか」とお伝えしています。

「もう、勉強したくない。勉強なんか嫌だ」と思う方は、無理に勉強しない方が良いと思います。学校に通っていても、勉強が苦痛なら、無理に勉強する必要はありません。「学校に通っているのだから、勉強するのは子供の義務だ」という考え方は、私はあまり正しくない考え方だと思います。「学校に通えるのだから、子供には勉強する権利がある」というのが正しい言い方でしょう。勉強ができない子も、勉強ができる子も、学校に通ってよいのです。それは中学校でも、高等学校でも同じです。大学でも、同じです。(私はそう考えます。そう考える理由についての説明をここに記すことは控えます。ご海容ください。)

このように考えると、高校や大学に通う(通っている)ことは、勉強する(勉強している)理由には必ずしもなりません。なら、高校や大学に行けば、勉強できるかも/何か良いことあるかもと考えるのは、そういうことがあるかもしれないけれど、ないかもしれないという意味で、あまり合理的な考え方だとは言えません。

だから「ちょっとでも勉強が出来るように、勉強のレベルが高い学校に行きたい」という考え方は、必ずしも要らないのです。そういったことよりも肝心なことは、受験生であるみなさん自身が/お子様が実際に勉強をしているか、どうかです。今、勉強していない方は、ご本人が変わらない限り、これからもたぶん勉強しません。そういった方が「専願推薦」制度を利用して、「併願推薦」で受験するよりも「レベルの高い学校」に入学することは可能ですが、そういった学校は「今、勉強していない方」でも入学できる学校なのだから、そこには余所からもあまり勉強が好きではない方たちが集まるので、環境として「勉強が好きな人/勉強する人がたくさんいる」環境には恐らくなりません。ならなくて、良いんです。学校の存在理由は、勉強が好きな人に勉強する機会を与えるためだけではありません。学校は「子供を社会の暴力やリスクから保護するため/子供が社会の暴力やリスクから身を護る術を身に付けるため」に存在する、と私たちは考えています。ですから、「勉強が好きじゃない人/勉強しない人」が過半を占める学校も、その生徒たちを暴力やリスクから保護する限り、子供たちの社会的成熟を目指すかぎり、存在する理由があるのです。当たり前です。(私たちはそのように考えています。)

話が長くなりましたね。

まとめにかかります。「専願推薦」という制度の長所は、一般入試の合格発表日よりも早く合格を決めて、中学3年生の12月~3月の時期を、高校入試のための学習に限らず、子供の成長のために活かせる所です。そうだとしましょう。

そうすると、専願推薦試験に合格してから、生徒は高校入学までの時間を自分自身の成長に資するように活かすことになるわけです。ただ、そういうことが出来る人間は、子供の中でも大人の中でも、ごくわずかです。ほとんどの人は、時間があったら休みたくなりますし、それで良いと思います。そういう時間の使い方は何も間違ったものではありません。

ということは「専願推薦」受験を選択するときに、早く合格して、勉強なり運動なり、自分の成長のためにその時間を使いたいから、という説明は、多くの場合、無理があるということになります。

繰り返しますが、勉強しないことも、運動しないことも、間違ったことでも悪いことでもありません。だらだらすごして良いんです。まったり身体と心を休めていいんです。いっぱい遊んでも良いと思います。

だからこそ、「専願推薦」試験合格後に勉強するわけでも運動するわけでもないのに、さもそのようなことをするように自分自身を欺くのは止めたほうが良いでしょう。そういった自己欺瞞を繰り返していると、「自分が知っている自分」と「他人から見た自分」の姿が食い違っていって、だんだん不都合が生じるでしょう。

「専願推薦」試験の後にもう勉強したくないと思うなら、少なくとも自分の心の中では、「私は勉強したくないんだ」「俺は勉強が嫌なんだ」という事実をきちんと言葉にして置いた方が良いと思います。これはおススメです。

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

Comments are closed