「ほんまに成績が伸びる!」シリーズ(高1対策編)

こんにちは。穎才学院 教務主任の森本新芽(洛南高校出身 99年東京大学合格)です。

今日は「ほんまに成績が伸びる!」シリーズ(高1対策編)をお伝えしようと思います。

現在穎才学院には、

お茶の水大附属高校、都立小石川高校、都立高島高校、成城高校、

國學院久我山高校、東京家政大学附属高校など、

各学校の1年生が在籍しています。

 

高校1年生はとにかく、学校の授業と課題が大事!!

その1年生に、私が徹底しているのが、

「学校で英数国クラス5番以内」!

というシンプルな提案です。

これがすごく効くんです!!

 

なぜこんなことを言うのかというと…、

 

 

クラスが40人(平均的数値)だとすると、

クラス5番以内は、全体の上位15%

これは、だいたい「偏差値60」の実力にあたります。(※)

 

難関大学に合格するためには、

まずは学校の課題と小テストを徹底することから!!

 

穎才学院生、高1チームの今後に期待です。

 

※「偏差値」は、当該母集団の性質、標準偏差等、分布の形式によって、異なります。

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

コメントを残す