国語の先生のお仕事

こんにちは。穎才学院教務です。

ここのところ、「子供の国語の成績があがらない」というお悩みをお持ちの方からご相談をいただきます。

特に「国語の記述問題が苦手」という方は多いようです。

私はそういった方たちには、「お子様の有り様に合わせて、学習の仕方はその都度考えられなければならない」と申し上げた上で、

「なるべく日本語の文章と仲良くなることを目指しましょう」

とお伝えしています。

「国語が苦手」とか、「国語の記述問題が苦手」とかいった問題認識をもっている方たちに対して、

「文章における文の役割や組み立て方を理解することが大切だ」とか、「話題・説明(具体例)・結論の区別が大事だ」とかいったアドバイスが与えられることが多いようです。

ここで「文章における文の役割」というのは、文の「中心的な役割」としての、「問題・話題を示す役割」と「結論・まとめを示す役割」と「話題に関してくわしく説明する役割」のことだ、と言われます。

特に、「話題に関してくわしく説明する役割」を持つ文には、「具体例を示す文」と「 エピソードを示す文」と「 引用(他の人の話や文章を持ち出すこと)を示す文」と「 原因・理由を示す文」などがある、と言われます。

文章のなかから、こういった「話題に関してくわしく説明する役割」を消していくことで、文章の読解に大切な「問題・話題を示す文」と「結論・まとめを示す文」が発見できる、というのが一般的な文章の読み方です。

この2つをつなぐことで「筆者の言いたいこと」というのがわかるとされていて、それについて記述することが「要旨をまとめる」ことだと世間で言われているのです。

また、「文の組み立て方」というのは、いわゆる「結論・まとめ」とそれ以外の部分の並べ方のことで、結論が頭に来るものを「頭括型」、結論が末尾にくるものを「尾括型」、結論に当たる箇所が始め・終わりの双方にあるものを「 双括型」と呼んでいます。一般的に「読んでいる文章がどの型なのかを意識することでその文章のより深い理解につながる」と言われています。

でも、私たちは本当にそういう方法で文章を読んでいるのでしょうか。

少なくとも、親しみを感じる文章を読んだり、文章を読んでドキドキワクワクしているときには、そんな文の「役割」や「組み立て方」をなど、私たちは全く気にしていないはずです。

私は「国語が苦手」な生徒に出会ったら、まずはいっしょに文章を読むことを楽しみ、日本語表現に親しむことを目指します。

とっかかりは、何だっていいんです。

学校の教科書でも、入学試験の過去問題でも構いません。

市販の書籍でも、いいんです。

hondana

穎才学院にはたくさんの本がおいてあります。

本によっては、同じものを2冊買ってあります。

教科書から読みはじめるべきか、入学試験の過去問題から読みはじめるべきか、

児童文学をとっかかりにするのか、古典的な名作を手始めにするのか、

生徒の様子に合わせて、それを選びます。

選び間違えたな、と思ったら、別のものを選びなおします。

そうやっているうちに、それぞれの生徒にお気に入りの本や文章が見つかるものです。

そうして本と仲良くなってから、改めて入学試験問題に挑戦した方が上手く勉強できるのではないでしょうか。

世間の「国語の先生」たちの多くが忘れているのは、「世の中には文章を読むのが嫌いな人たちがいる。自分もそうであった(あるいは、今なおそうである)かもしれない」という考えです。

先に挙げた、「文章における文の役割や組み立て方を理解する」とか、「話題・説明(具体例)・結論の区別」をするとかいった方法は、文章を読むことが嫌いなうちから使える方法では、全くありません。

世の中にはたくさんの本や物語がありますが、その中には古くからずっと伝えられてきたものや、これからずっと伝えられていくだろうと言うものがあります。

そういったものを「名作」と呼ぶことにしましょう。

読む力を鍛えれば、世の中の名作は、私たちに大切なことを伝えてくれます。

私たちは、生きていいのだ。そこそこ幸せに暮らしていいのだ。

そういったことを名作は私たちに語りかけます。

そして、私たちはそういったメッセージを定期的に服用しないと健やかに生きていくことが出来ません。

もちろん、そういったメッセージを心身に取り入れるのは、本を読むことだけでしか出来ない事ではありません。

音楽や絵画や舞踊や…

さまざまな芸術から私たちは「あなたはこの世で生きても良い人だ」というメッセージを受信することができるはずです。

そういったチャンネルのひとつとして、名作である本や物語と親しむ習慣を身につけることは、とても有効でしょう。

「本を読むといいよ。物語にふれるといいよ。言葉に触れることは、こんなにも喜ばしいことなのだよ。」

お子様が小学校・中学校で、高等学校で、大学で、

そういったメッセージを贈られると良いですね。

そういったメッセージを子供たちに対して贈る先生方は、入学試験問題を作成するときにも、ついそういったメッセージを問題に込めてしまいます。

ですから、本や物語に親しみ、そこからできるだけたくさんのメッセージを受け取れるようにトレーニングすることは、入学試験の攻略にもきっと資することでしょう。

文章を読むのが嫌いだった子供が、文章を読むことの楽しさに出会えるように。

本を読むなんて考えもしなかった子供が、本を読むことの奥深さにめぐりあえるように。

そういったことが、国語の先生の仕事だと思います。

 

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

Comments are closed