「体操のお姉さん」が登場(おかあさんといっしょ)

「体操のお姉さん」は初めてです。どこが初めてかと言うと「体操」という漢字表現が初めてです。

これまで「おかあさんといっしょ」で身体表現系のコーナーを担当する「おねえさん(お姉さん)」は複数いました。本年3月までは上原りささんが「パント!のお姉さん」を務めていましたね。身体表現のコーナーである 「パント!」 のコーナーを担当していらっしゃいました。

それ以前にも1980年代から1990年代の前半に『ハイ・ポーズ』を担当していた「おねえさん」、1990年代のお姉さんに『トライ!トライ!トライ!』を担当していた「おねえさん」、1999年から2005年にかけて『デ・ポン!』を担当していた「おねえさん」、その後で『ズーズーダンス』や『ゴッチャ!』を担当した「おねえさん」がいました。

これらの前任者たちはNHKにより「身体表現のおねえさん」と総称されることになったようです。

うん?

何だ、それ?

漢字の「体操」って何か意味があるんですかね。

てか「おかあさんといっしょ」というジェンダーバイアスの強い表現を何とかしろという話があろうと思うのですけれどもね。はい。

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

Comments are closed