コロナ契機に 町内会IT化

コロナ禍で変わる町内会 IT化で加入促進、再生の契機に

コロナ禍を契機にして自治会・町内会が、運営や活動方法の見直しを進めている。住民との対面接触が限定され、なじみの薄かったIT(情報技術)を活用しテレビ会議などを開いている。加入率低下などの課題解決につなげる活動を追った。(本文)

コロナの影響は、私たちにも身近な町内会にも及んでいるようです。実際に集まる方法をとらず、zoomなどを用いて会議を行うことで、加入を検討する人が増えることを望む声も聞かれます。

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

Comments are closed