「きちんと心で言う」

(大竹しのぶ まあいいか:236)そうそう!!心から言えたね!(朝日新聞)

ベテランの舞台女優が子役を努める少女に「きちんと心で言う」仕方を伝える話です。

この記事、魅力的で危険ですね。

記事にある話の場合、舞台女優が子役に女優としての適切な話し方を伝えられたのはその舞台女優に経験に裏付けられた技術が備わっているからでしょうね。

俳優たちにとって「きちんと心で言う」という仕方は、実際の身体運用を伴った、実体として存在するメソッドなのだと思います。

しかしながら、俳優以外も言葉を用います。また「きちんと心で言う」という言い方には、ひとつの難しい言葉も含まれず、誰にでもすぐ口にすることができそうです。

だからこそ、危ない。

実体として「きちんと心で言う」ことを知らない人間たちが、手前勝手に「きちんと心で言う」仕方を人に押し付けるとき、それはただの言葉を用いた暴力になるでしょう。

それはたいへんにおそろしいことだと思います。

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

Comments are closed