お好み焼き問題について

「郷に入っては郷に従え」と言う。特に重要なのは食事で、国や地域によって食べ物として認められるものが違っていたり、味を決める調味料の選び方や使い方が大きく異なっていたりする。

でも郷に入っても、まあその中で料理の作り方や食べ方が異なるということがある。

例えば、お好み焼きの作り方や食べ方について。

関西風のお好み焼き、いわゆる広島焼、これらはその作り方の違いが際立つ。関西風のお好み焼きの多くは、だし汁に小麦粉、鶏卵や山芋を混ぜた生地にみじん切りのキャベツを混ぜて焼く。(神戸市の長田などでは生地に鶏卵を使わない。マヨネーズも用いない。)広島焼では、小麦粉を水で溶いたものを薄く伸ばして生地を焼く。その上に野菜や肉といった具を重ねてひっくり返し、生地でふたをするようにして蒸し焼きにする。それを炒めた麺の上にのせ、またそれを鶏卵を薄くのばして焼いたものの上にのせ、最後に全体をひっくり返す。同じように小麦粉をベースにした焼き物であっても、その違いは明らかだ。

それから「関西風」に対する関東風お好み焼き。関西・関東というと随分と違いがあるようにも思われるが、作り方の違い、食べ方の違い、味付けの違い、違いを説明する人によってその違いはさまざまだ。卵やキャベツを混ぜた生地にメインの具材まで混ぜて焼くのが「関東風」で、焼けはじめた生地にメインの具材を上からのせて焼き上げるのが「関西風」だという違いの説明もあるにはあるが、関西風を称するお好み焼き屋さんですべての具材をはじめから混ぜて焼いたお好み焼きが供されることもあるから、実際はわからない。

また岩手県などで食べられている「どんどん焼き」は、クレープのように薄めに焼いたお好み焼きを棒などに巻いて食べることがある。やはり、作り方や食べ方が違うのだ。でも、どんどん焼きにも多様な食べ方と味付けがあって、円形に焼き上げたり、半月型に焼き上げたり、醤油味あったり、ソース味だったり、その有り様はさまざまだ。

焼き上がったお好み焼きの切り分け方にも、差が出ることがある。円をその中心を通る線で等分するようにして、お好み焼きを切り分ける仕方。縦横90度に小手をお好み焼きに入れて、等分には程遠い分け方になっても、食べやすさを重視する切り分け方。前者は「宅配ピザ」の切り分けを連想させるので「ピザ切り」、後者は「格子切り」などと呼ばれる。

一枚のお好み焼きを何人かでシェアする食べ方をすることも、一枚のお好み焼きを一人分として食べることもある。お好み焼きがおかずになって、それとごはんがいっしょに供されるということもある。

マヨネーズの使い方、ソース類のチョイスの仕方、青のりや鰹節などふりかけ系トッピングの有無、

そういったことにおいては地域差よりも、嗜好の個人差の方が際立つかもしれない。

そういうものである。

「お好み焼き」というくらいで、その作り方も食べ方も実に多様である。

ピザ切りを日常とする人が、格子切りする人たちの食べ方を否定しても、仕方がないように私は思う。

「ピザ切り」VS「格子切り」で戦争状態におちいる世界より、同じ食卓でいろいろな食べ方を認める世界の方が私は好きだ。居心地がよさそう。

関西風のお好み焼きがマジョリティの世界で広島焼愛好者が忌み嫌われるということも残念ながらあるのだろうけれど、その世界で広島焼愛好者があげめんを投げつけられて、Go home!(国へ帰れ!)などといじめられていたら、私はその人といっしょに広島焼を食べようと思う。

私はお好み焼きに「マヨネーズをかけない派」である。マヨネーズが嫌いなのではなくて、お好み焼きにおいてはその表面を覆っているソースの味を愛するのである。だが、お好み焼きにおける「マヨネーズ主義者」がお好み焼きを食べようとしている私にマヨネーズのコーティングをすすめたら、丁寧に謝辞を述べた上で、それを辞退する旨、やはり丁寧にお話し申し上げる。とはいえ、食事におけるマヨネーズの重要性を深く信仰する家庭や地域でお好み焼きを食することになったら、私は黙してマヨネーズをお好み焼きにかけるだろう。

郷に入っては郷に従え、

それは他者の信仰(のようなもの)をリスペクトするという意味でとても重要な仕方だと思う。

このようにお好み焼きをめぐる問題というのは、実に尽きない。お好み焼きというたったひとつのメニューの作り方や食べ方が、その人の嗜好の一部分を小さくとも決定的に形作っている。

お好み焼きをめぐる問題と同じように、何かしらちょっとしたことが私たちの嗜好や思想のどこかを決定的な仕方で形成していたりする。

そういうときに「お好み焼き戦争」や「広島焼ヘイト事件」みたいなものが起きるのは、あまりに辛い。

そういったことが起きないように毎日、各種お好み焼き勢力間の風通しをよくする(お互いのおいしさを認め合うような仕方で)努力を積み増しすることと、

そういったことが起きてしまったときに、困った状況にある人たちを助けることとが大切であろうと思う。

私には私の嗜好や思想があるが、それはそうでない人たちを排斥する理由にはならない。

お好み焼きを食べながら、そんなことを考えるのである。

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

Comments are closed