香川県琴平電鉄 新しい日常に合わせ運行へ

電車運行、新しい日常に合わせる 琴電・真鍋社長

新型コロナウイルス感染拡大に伴う移動の停滞は地方公共交通の経営にも重くのしかかる。人口減少という構造的な課題や暮らしの変化にどう向き合っていくのか。高松琴平電気鉄道(琴電、高松市)の真鍋康正社長は「新しい日常に鉄道の運行もあわせる」とし、新型コロナを契機に「地域で公共交通をどう支えていくのか、議論が全国で加速するかもしれない」と話す。(本文)

コロナを機に運行本数を減らす鉄道会社が増えているようです。飲食店の営業時間短縮、感染対策などの影響を受けてのものですが、赤字に陥る会社も少なくありません。私たちも公共交通期間との向き合い方を今一度考える必要がありそうです。

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

Comments are closed