試される 群れずに生きる力(笑ってる場合かヒゲ 水曜どうでしょう的思考)

試される 群れずに生きる力(笑ってる場合かヒゲ 水曜どうでしょう的思考)(朝日新聞」)

藤村忠寿(HTB「水曜どうでしょう」チーフディレクター)

 7月7日から東京と大阪に出張しました。数カ月ぶりに会う人たちは変わらず元気に過ごしていました。仕事がヒマになった人もいれば、逆に大忙しになった人もいました。3カ月ぶりに外食をしました。いつもは混み合うお店も半分しか席が埋まっていません。お客さんの数を制限して営業していました。(記事)

コロナにより、人が少なくなった社会の中で見つけた喜びや発見を綴った記事です。
日用大工やスポーツ観戦、TV鑑賞などの「一人で行う」趣味に喜びを見つけ、過度にコロナの不安を煽るのではなく、
人々を勇気づけるニュースが必要なのではないか、特に独力で生きる人の力強さこそ伝えるべきであると述べられています。

記事でも述べられていたように「群れずに生きる力」が試されているときであると思えます。
我々も自身の精神を鍛え、苦難に対処していけるように自分を磨きましょう。

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

Comments are closed