戦跡、保存か解体か 原爆ドームは一人の日記きっかけに

戦跡、保存か解体か 原爆ドームは一人の日記きっかけに(朝日新聞)

広島に原爆が投下されてから75年。被爆者の平均年齢は83歳を超えるなど、戦争体験を身をもって語れる人たちがいなくなる時代も現実味を帯びてきた。「もの言わぬ証言者」として、戦禍を次世代へと伝える遺構や戦争遺跡の存在意義は高まる一方、保存のあり方が課題になっている。(記事)

維持管理のための改修費用が問題となっているらしいです。
原爆ドームは歴史的価値のある建造物であり、我々の戦争という苦難の経験の遺恨を後世に伝えていくうえでも重要です。
戦争という歴史を知り、歴史的建造物の意義について改めて考えてみましょう。

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

Comments are closed