入学試験を上手く乗り切る方法

IMG_2190

こんにちは、穎才学院教務です。

いよいよ入試が本格化します。本日は都立高校の推薦入試。2月1日からは東京都の中学校入試が本格的に始まります。

穎才学院の大学受験生も、今週からちらほらと入試がはじまり、来週になると多くの受験生が試験に向かいます。

とはいえ、最後の試験が終わるまで、まだまだやれることはありますから、あきらめずに頑張りましょう。

多くの塾、予備校では受験学年の1月2月になると平常授業が無くなって、追加料金を徴収した上で、特別授業を行いますが、穎才学院では受験生もそうでない学年の人と同じく受験の前日まで「平常授業」を受講できます。

最後まで、講師と共に準備を続けましょう。

さて、先日こんな質問をちょうだいしました。

「受験勉強で大切なことは何ですか。」

お応えしましょう。受験勉強に限らず、学習に大切な心がけというものがあります。

それは「これ、そのうち何かの役に立つかも」という精神です。

私が言っているのではありません。20世紀の大賢人、レヴィ=ストロース先生のお言葉です。

役に立ちそうなものばかり集めていてはいけません。

「なんとなくこいつは後で役に立ちそうな気がするな、今はよくわからないけど。」というものの見方が有効です。

どうしてなのか。ぜひ、みなさんそれぞれの頭で、時間をかけて考えを深めてください。

みなさんが時間をかけて考え、どうしてなのかわかったら、

みなさんはただ入試を乗り切るだけでなく、劇的に成長した知性を手にすることができるでしょう。

みなさんの成熟を予祝します。

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

Comments are closed