コロナ禍の大学入試、分かれる対応 必要な「配慮」とは

コロナ禍の大学入試、分かれる対応 必要な「配慮」とは(朝日新聞)

コロナ禍に見舞われ学習に遅れが出た受験生に、入試の出題で特別な「配慮」をすべきか――。各大学の対応は、求める学生像や地域の感染状況などによって分かれた。受験生や高校は、ようやく入試全体の姿が固まりつつあることを歓迎する一方、より丁寧な説明を求めている。(記事)
東京大や京都大などの難関大学は出題範囲への「配慮」を行わない方針だそうです。一方、横浜国立大学では、学力試験の代わりに共通一次の成績と応募書類・面接などで入試を行うそうです。「発展的内容」に関して、補足説明等で対処する、科目選択で配慮を行う大学もあります。地理・歴史などの共通一次試験の試験科目は大半の大学は変更しない、追試日程に関してほとんどの大学が設定する方針だそうです。高校側は、進学校は特に発展的内容を含む全範囲をカバーする方針で尽力するそうです。記事では受験生はもともとの計画を最後までやりきることが勧められています。
おおまかな大学入試の方針は決定され、大学によって様々、といった状況です。受験生は情報収集に努め、改めて計画を練り、目標に向かって努力しましょう。
無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

Comments are closed