オンライン授業、不登校の子の支えに 先生の負担減にも

オンライン授業、不登校の子の支えに 先生の負担減にも(朝日新聞)

コロナ禍による長期休校の影響で夏休みが短くなる学校が多い中、足りない授業を対面に代わってオンラインで行う学校が出ている。感染防止だけでなく、暑さ対策や不登校対策、教員の働き方改革にもつながるとして、来年度以降の「オンラインと対面の併用」も見据え、模索が続く。(本文)

2020年は、コロナ禍により学校もオンライン化を余儀なくされた。オンライン授業に対し学生、保護者、教師などの様々な人がそれぞれ思うところはあるが、オンライン化によって不登校の学生や先生の負担などこれまで学校の問題とされてきたものが、解決に向かうかもしれない。ぜひ、この記事を読んでみてください。

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

Comments are closed