わが子の「考える力」を奪う親たち、その意外過ぎる共通点

わが子の「考える力」を奪う親たち、その意外過ぎる共通点(マネー現代)

子どもたちが小さくても既に「自分で考える生き物」だということを、親が認識するのが少し遅いからだと思っている。

彼らは体は小さくてももうりっぱなひとりの人間。逆に言うと、彼らは本当は最初は自分で「考えたい」のだ。(本文より)

幼い頃、親が子供のためにといって私たちに尽くしてくれたあれこれを、子どもの私たちは、うざい、なんでやんなきゃいけないの、など不満を言っていた。この記事には、そんな親の熱意と子供の不服のギャップについて述べられている。ぜひ読んでみてください!

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

Comments are closed