「インポータント」はなぜ”inportant”にならないのか。

今回はタイトルのように日本語で「ン」と発音するのにアルファベットでは“m”と書かれる語について説明します。

読者の皆さんは、importantのように「ン」の音を“m”と表記する単語を他にもご存知ですか?
improve(改善する),imbalance(不安定),immediately(すぐに),…。
いろいろありますが、これらに共通する特徴がなにかわかりますか?
それを考える前にまずは次の動画を見てみましょう。

これらを見てみると”b”,”p”,”m”のようなアルファベットは発音する時に一度口を閉じないと発音できないことがわかります。(動画にはありませんがmも口を閉じないと発音できませんね・・・!)
このようなアルファベットの前では“n”の音を“m”で表すという原則があるのです。だから「しんばし」をローマ字であらわす場合は「ば」の前の「ん」を”m”で表し“Shimbashi”とするのですね。(電車に乗ったときに見てみよう!)
逆にその他の子音は唇を開いたまま、vやfなどは上の歯で下唇を軽く噛みながら発音するので、そういった子音の前では「ン」の音は”n”で表記するという決まりになっています。

もちろんinputやinbuiltなどの例外も存在し、そういったものについては「覚えるしかないのかな・・・。」と憂鬱になる人も多いと思います。厳しいことを言えば覚えてしまうのが一番早いですし簡単です。
ですが理屈を説明しておくと、こうした例外は“put in”や”built in”のように熟語に由来する語に多かったり、「中に~」という意味を持っていたりすることが多いということがわかります。

日本人にとって、口を開ける「ン」と口を開けない「ン」の二つが違うものだと意識することは少ないものだと思います。しかし、このように発音を意識して単語を勉強すると英語の学習がすこしは楽しくなることだと思います。

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

Comments are closed