中学1年生

【新中1】新しい大学入試に向けて。

 2020年度から「大学入学希望者学力評価テスト」が、2019年度から「高等学校基礎学力テスト」が導入される予定です。これまでの「大学入試センター試験」を中心とした大学入試から、新しい制度への移行です。移行にあたって、何が変わるのでしょう。また、お子様の学習はどのように変化するのでしょう。

実態は「ほとんど変わらない」という可能性。

新聞各紙の報道によれば、「大学入試改革」によって大学入試は「知識量を問う「従来型の学力」を測るテストから、知識を活用し自ら課題を解決できる能力を見る入試」に改められると言います。しかし、2015年度の大学入試センター試験でも「知識・技能の習得と思考力・判断力・表現力等の育成のバランスを重視」した「新指導要領」に基づく問題が出題される予定です。つまり、現行の大学入試センター試験でも「思考力・判断力・表現力」等は既に評価されているのです。

すなわち、新聞各紙が報道するように「センター試験を「思考力・判断力・表現力」を評価する「大学入学者希望学力評価テスト(仮称)」に変える」というのは、評価の仕方が変わるのではなくて、試験の名称や評価の表現方法が変わるということです。

中教審答申を初め、我が国の公文書は「官僚的作文」として読解されるべきです。「変える」といっても、何が何から変わっているのか、しっかりと過去の資料と比較して充分に読み込まなければなりません。

「大学入学者希望学力評価テスト(仮称)」の対策とは。

このように考えると、「大学入学者希望学力評価テスト(仮称)」への対策として何が有効なのか、自ずと明らかになります。大切なのは「大学入学者希望学力評価テスト(仮称)対策」という怪しげなものに頼らない、ということです。

「大学入学者希望学力評価テスト(仮称)」に先行する現行の「大学入試センター試験」の前には、「共通一次試験」というテストがありました。「共通一次試験」時代には、「共通一次対策」と称した予備校講座や参考書が持て囃され、「大学入試センター試験」時代には「センター対策」と称した講座や問題集がチヤホヤされる。では、「共通一次対策」と「センター対策」においては何が違ったのですか?

予備校講師や予備校講師もどきは、「(出題)傾向や(出題)形式が違う」というでしょう。その「傾向と形式」とやらについて、さもそれを知っていることが賢いことかのように、彼らは説明します。では、その「傾向と形式」とやらを知ったとして、子供の頭のどこが良くなるのですか?ある試験の「傾向と形式」を知ればその試験で高得点が取れるというなら、そのような「傾向と形式」というのは、必ず一部の人間によって秘匿されます(そのような「傾向と形式」のことを「秘伝」とか「奥義」とか言います)。貨幣を対価として購入できる情報というのは、全て「誰もが知っている(ほとんど価値の無い)情報」なのです。

学校(小学校・中学校・高等学校)も大学も、専門学校等の各種学校も、そんな「誰もが知っているほとんど価値の無い情報」を子供達に伝えるためにあるのではありません。学校が存在するのは子供たちに「私たちには知らないことがたくさんある」ということを伝えるためです。だから、子供たちは算数も国語も理科も社会も、音楽も家庭科も図画工作も学ぶのです。私たちにはわからないことがたくさんある。私たちにはできないことがたくさんある。自然現象に対しても、芸術表現(文学、音楽、絵画)に対しても、常にそこには私たちが感受していない何か知らないことが秘められている、という姿勢(そのような姿勢を『論語』では「遜」と言います)を持って接すること
が大切です。そのような姿勢、心構えこそ、賢さなのであるということを先人は繰り返し私たちに教えているはずです。私たちはそのことを忘れてはいけません。


お問い合わせ・無料体験予約フォーム

お名前
フリガナ
メールアドレス
電話番号
学年
体験希望教科
無料体験授業希望日

プログレス対策とは。「聞く→話す→読む→書く」の4要素。

有名私立中高一貫校で採用されている有名教科書に『Progress in English』があります。この教科書は一般に「プログレス」と呼ばれるこの教科書は、ROBERT M.FLYNN(フリン)先生が編集された英語テキストで、六甲中学校・高等学校で教鞭をとられていたフリン先生がミッション系の私立中学校・高等学校の英語教育のために作られたのが始まりだそうです。板橋区を含む首都圏では、白百合学園・聖心女子学院・麻布・東洋英和女学院・三輪田学園・目黒星美学園・渋谷教育学園渋谷・攻玉社・山脇学園・明治学院・雙葉・品川女子学院・芝・鴎友学園などが採用しています。集団型の授業では教科書個別の対策は難しく、個別指導塾では講師のレベルなどの問題で対応が難しいとお悩みの方が多いようです。

穎才学院には『Progress in English』採用校出身者が多数在籍しています。

首都圏以外の地域では、東大寺学園・六甲・広島学院・洛星・洛南高校附属・甲陽学院・淳心学院・西大和学園・奈良学園 ・智辯学園和歌山・徳島文理 ・久留米大学附設・青雲などの学校が「プログレス」を採用しています。穎才学院は板橋区の塾ですが、首都圏だけでなく全国の進学校出身者が講師として在籍していますので、「プログレス」対策はばっちりです。

中学1年生から質の高い英語教育を。「聞く→話す→読む→書く」の4要素。

「プログレス」対策といっても、基本は他の教科書と同じです。「プログレス」は、「聞く→話す→読む→書く」の順序で学習するように作られています。これは「人が言語を身に付けるのと同じ順序で英語が学べるように作られています」と『Progress in English』の冒頭で説明されています。音読と文脈の把握が何よりも大切。英語は言葉ですから、先生と一緒に発音して何度も音読しましょう。ご家庭でもリビングなど人がいる空間で教科書を音読するとよいでしょう。誰かが聞いていると思うだけで、黙読よりも脳が活性化されて、英語を吸収する効率が上がると思います。

「聞く→話す→読む→書く」は、大学受験の基本です。TOEICも同様です。

「聞く→話す→読む→書く」の4要素が重要であるのは、「プログレス」対策だけでなく、大学受験英語でも同じです。TOEICなどの試験でも、最後の「書く」の要素が少ないだけで、「聞く→話す→読む→書く」の4要素の重要性はやはり変わりません。現役東大生のTOEIC平均スコアは約735点という調査があります。これは、東京大学では入学試験でも入学後の英語授業でも「聞く→話す→読む→書く」の4要素を重視していて、東大生は同内容のTOEICでハイスコアをおさめやすい傾向があるようです(東京大学の入学試験に合格すると、TOEIC750点程度であるといわれています)。東大院生(文系)になると、平均スコアは800点程度になるそうで、これは東大院生が日頃から英語文献を読んだり、英語で海外の研究者とコミュニケーションをしたりしていることを考えると、納得のいく数値です。

お子様に、プロフェショナルな環境で使える英語力を。

中学1年生から塾通いを検討していらっしゃるご家庭のご要望におこたえできるだけのプログラムを提供いたします。お子様ひとりひとりの状況にあわせて、どこから学習をはじめるか、何を重視して指導するか、1から考えて参ります。

板橋区で『Progress in English』対策をお考えの方は、ぜひ穎才学院にお越しください。

以下は、高校受験対策のご案内です。

top_tyuu3

→ いまの勉強法でほんとうに大丈夫でしょうか。本物の「高校受験」をしましょう

ちょっとした確認テストをしてみましょう

【確認テスト】(制限時間 30秒)

問1 「十二支」を順番に全てあげてみてください。

問2 「西暦1969年」は「昭和何年」ですか。

この2つの問題が30秒以内で解けない人は、要注意です。これがわからない「大人(社会人)」は、ちょっと
恥ずかしいですね・・・。学校の授業でみなさんが聴いていることは、世の中の知識のほんの一部です。
それでは、現代の社会に対応していけません。

では、次の確認テストです。

問1 あなたの先生は「干支(えと)」について、「十干(じっかん)」と「十二支」の違いを説明できますか。

問2 あなたの先生は「西暦1969年」がどのような年であるか、説明できますか。

問3 あなたの先生は都立入試の数学・理科で両方100点を取れますか。

 

学校の経験豊かな先生なら大丈夫。でも、ただスーツを着ているだけで「実は大学生」という先生に教わ
っていたのでは、みなさんの学力はいつまでたってもつきません。

本物の学力は、本物の勉強をした先生でないと教えられないものなのです。

高校受験は先生(指導者)の「総合力」が重要。

「本物の先生」といっしょに勉強しよう。

 

under_tyuu3

◆2011高校受験パンフレット