【土佐日記 現代語訳】門出

   男がすると言う日記というものを、女もしようと思ってするのである。
ある年の陰暦一二月の午後八時頃に、出発をする。その時のことを、少し書きつける。ある人が、地方勤務の四・五年の任期を終えて、決まった雑務などの事務もすべてし終わって、解由状なども取って、住んでいた邸からも出て、船に乗ることになっている場所に移る。あの人や、この人、知っている人知らない人が見送りをする。長年の間、親しくつきあっていた人々が、別れをつらく思って、一日中、あれやこれやして、騒いでいるうちに夜も暮れてしまった。
二十二日日に、和泉の国までと、旅の無事を祈って、神に願を立てる。藤原のときざねが、船旅ではあるが、馬のはなむけをしてくれる。身分の上中下すべての者が、すっかり酔って、たいそう不思議なことに、(腐りにくい)海のほとりで(腐るというのではないが)ふざけあっている。 

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

コメントを残す