【蜻蛉日記 現代語訳】うつろひたる菊

   9月ごろになって、(兼家が)出て行った時に、文箱が置いてあるのを、手なぐさみに開けて見ると、よその女のもとに送ろうとした手紙がある。おどろきあきれて、「見」たとだけでも(兼家に)知られようと思って、書きつける。
うたがわしい、あなたがよその女に渡した手紙を見ると ここへあなたが来るのは途絶えようとするのだろうか
などと思っているうちに、どうしようもなく(なるほど案の定)、十月末ごろに、三晩たびかさなって姿を見せないときがあった。何事もなくて、「ちょっとあなたの気持ちを試してみる」などと思っていると(時間が過ぎてしまって)思わせぶりである。
ここから、夕方ごろに、「宮中に行かざるをえないのだった。」と(兼家が)言って出ると、(私は)納得できないで、人にあとをつけて調べさせると、「町小路であるどこそこに、泊まりなさる。」と来た。思った通りだと、とてもなさけなくつらいと思うけれども、言う手段も分からないでいるうちに、二、三日ばかりあって、明け方に、門をたたくときがある。来たのであるようだと思うけれど、つらくて開けさせないので、(兼家は)例の女の家らしきところに行ってしまった。
 早朝に、ただではすまされないと思って、
嘆きながらひとりで寝る夜が明ける間はどれほど長いか知っているでしょうか、知らないでしょうね
と、いつもよりは注意をはらって書いて、盛りのすぎている菊にさし結んだ。返事は、「夜明けまでも試みようとしたけれど、急ぎの召し使いが来合わせたので(行かねばならなかった)。もっともなことだよ。
なるほどそのとおりだ、冬の夜ではないまきの門をなかなか開けてくれないのはつらいことだったな」
それにしても、まったく不審に思うほどに、しらばっくれている。しばしば、こっそりしている様子で、「内裏に。」などと言いつづけているのが当然なのに、ますます不愉快に思うことは、限りないことよ。

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

コメントを残す