【宇治拾遺物語 現代語訳】絵仏師良秀

   これも今は昔のことであるが、絵仏師良秀という者がいたそうだ。隣の家から火が出てきて、風が強くに吹いて火が迫ってきたので、(良秀は)逃げ出して、大通りへ出てきた。人が良秀に注文して書かせている仏の絵も(家の中に)いらっしゃった。また、衣を着ない妻子なども、そのまま家の中にいた。家の中に残っていることにも関心を持たないで、ただ逃げだしたことをよいことにして、家の向こう側に立っていた。見ると、すでに家に移って、煙・炎がくすぶりだしたころまで、そのまま向こう側に立って、良秀はぼんやりと眺めていたので「たいへんひどいことだ。」と言って、人々が来て見舞ったが、(良秀は)さわがない。「どうしたのか。」と人が言ったので、向こう側に立って、家が焼けるのを見て、うなづいて、時々笑った。「ああ、大変なもうけものをしたことよ。長年の間まずく書いてきたものだなあ。」と言うときに、見舞いに来ていた者たちが、「これはどうしたことだ。このような状態で立っていらっしゃるのか。あきれたことだ。怪しげな霊がつきなさったのか。」と言ったので、「どうして怪しげな霊が取り憑くはずがあろうか。長年の間、不動明王の炎を悪く書いてきたものだ。今見ると、このように燃えるものであったと、悟ったのだ。これこそもうけものだ。この道を専門として世間を渡ろうとするからには、無理にでも仏様だけでもうまく書き申し上げるならば、百千の家も建つにちがいない。おまえさんたちこそ、これといった才能もお持ち合わせにならないのでものを惜しみなさるのだ。」と言って、あざ笑って立っていた。 そのあとであろうか、「良秀のよじり不動」といって、今に至るまで人々が褒め合っている。

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

コメントを残す