【徒然草 現代語訳】これも仁和寺の法師

   これも仁和寺の法師であるが、寺にいた稚児が法師になろうとするお別れだというので、みんなで座興をすることがあったが、酔っておもしろがりすぎて、そばにあった足鼎をとって、頭にかぶったが、つかえるようになるのを、鼻をおして平らにして、顔をさし入れて(宴席に)舞ひ出ると、一座の者が面白がることこの上ない。
 しばし舞った後、抜こうとするが、全く抜けない。酒宴は興覚めして、どうしようかととまどった。あれこれしていると、首の回りが切れて、血がしたたり、ただ腫れに腫れてしまい、息もつまってしまうので、(鼎を)打ち割ろうとするが、簡単には割れない。(中に)響いて堪えられないので、どうしようもなくて、三本足が角の様に見える、その上に、帷子を掛けて、手を引き杖をつかせて、京の医師のもとへ、連れて行く道中は、人が怪しみ見ることこの上ない。医師の家に入って、(医者とこの者が)向かい会って座っている様子は、さぞかし異様だったであろう。ものを言うのも、こもった声で響くため聞こえない。「こんなことは書物にも見えず、口伝えの教えもない。」と言うので、また仁和寺へ帰って、親しい者や、老いた母など、枕元に集まり座って泣き悲しむが、(本人は)聞いているだろうとも思われない。
 こうしているうちに、ある者が言うには、「たとえ耳鼻が切れ亡くなるとしても、命だけはどうして生きないことがあろうか。ただ力を入れて引きましょう。」と、藁しべを顔の回りにさし入れ、鼎の金を隔てて、首もちぎれるほどに引いたところ、耳と鼻が欠けて穴だけになりながら抜けた。危うい命を拾って、長くわずらいついていたそうだ。

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

コメントを残す