『竹取物語』「かぐや姫の誕生」 現代語訳

今となっては昔のことだが、竹取の翁という者がいた。野や山に分け入って竹を取っては、さまざまなことに使った。名前を讃岐の造といった。その竹の中に、一本の光る竹があった。不思議に思って寄って見ると、筒の中が光っている。それを見ると、三寸(九センチメートル)ほどである人が、たいへんかわいらしい様子で座っている。翁が言うことには、「私が毎朝毎晩見る竹の中にいらっしゃるのでわかった。子になりなさるはずの人であるようだ。」と言って、手に入れて、家へ持って来た。かわいらしいことはこの上ない。たいそう幼いので、籠に入れて育てる。竹取の翁は、竹を取ると、この子をみつけてから後に竹を取ると、節の両側の空洞の一つ一つに、黄金が入った竹を見つけることがたび重なった。こうして翁は、だんだん豊かになって行く。この子は、育てるうちに、すくすくとどんどん大きくなる。三ヶ月ほどになるうちに、一人前の背丈である人になったので、髪上げなどあれやこれやとして髪上げをさせ、裳を着せる。帳台の中からも出さず、大切に育てる。この子の顔だちが清らかで美しいことは、この世にまたとなく、建物の中は、暗い所がなく、光が満ちている。翁は気分が悪く苦しい時も、この子を見ると、苦しいこともなくなってしまった。腹立たしいことも紛れた。

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

コメントを残す