明日から第91回五月祭が始まります。

第91回五月祭に穎才学院は協賛しています。

今年も、五月祭に参加する講師たちから、その活動に関する話を聴き取りました。

その一部をご紹介。

東京大学アカペラバンドサークルLaVoceさん。

私が学生のころから、赤門近くでフリーライブをしていらした記憶があります。上手です。

東京大学民族音楽愛好会さん。南米の音楽、フォルクローレを演奏するサークルです。こちらも伝統のあるサークル。本格的な演奏ですよ。

東大模型部さん。ガンプラ、スケールモデル、鉄道模型、フィギュア、色々とつくっていますね。

昨年、テレビなどで紹介されて知名度が上がった折紙サークルOristさん。今年の展示も楽しみですね。

最後はまるきゅうProjectさん。

うん。

濃ゆい。

新歓の様子です。楽しそう。こんな様子の一号館(東大の1年生が英語の必修授業を受ける校舎です)、見たことないよ。

うん…。

紙のギターなんだね。

穎才学院では個性豊かな講師が楽しく働いています。

使用者の私が言うと、胡散臭いのは否めないのだけど、ほんとに楽しいみたいですよ。

まあ、ぼく、

講師に理不尽なこと言わないしね。(嫌味は言うけど。)

こないだ、講師用ロッカー付近に紙ぶくろが置いてあって、中を見たら、人間の頭状のものが!

ビックリしました。Σ(゚Д゚)

バイトにコスプレ用のウィッグを持ってきたんですね。まあ、授業中に装着したりしていないから、良いです。オッケー。

今日は、講師がネクタイみたいなデザインのベルトを巻いていました。

「そのベルト、ネクタイみたいなデザインでカッコいいね」(´ー`*)ウンウン

と言ったら、

「いえ、ネクタイっす」

とのお答えが…。

うん。

ネクタイをベルトの代わりにしても良いよね。

良いです。

多様性バンザイ。(/・ω・)/

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

Comments are closed