認められない

認められないのは辛いですよ。

少なからず、己の何かしらを否定されるのですから。

強がったり見栄を張ったりしないとと生きていけない私たち自身を見ると、私たち人間は弱い生き物だと思います。

強がることも見栄を張ることもあると思う。

それは認めてあげた方が良い。

でも、強がり続けたり見栄を張り続けたりしていると、疲れたり拗れたりする。頑なになることもある。

そういうのは人生の迷子だから、「強さ」や見栄からの逃げ道や困ったときの助け舟を用意してあげなくてはならない。

弱さを認められないと強くなれない。

弱くて可愛くないもの、

弱くて頑ななもの、

弱くて卑怯なもの、

そういうものを愛することができないと、

人は強くなれない。

人は失敗する。失敗すると拗れたり、頑なになったりする。

失敗は人を強くしないことがある。

失敗して強くなれる人は、そもそも強いのだ。

だから、失敗しておかしなことをしていても、その人を愛する強さが世界には必要である。

世界には、そのような強さがある。

強い人がいる。

そういった強さを積み増していかなくてはならない。

無料体験授業お申し込みはこちら
穎才学院本郷校のご案内はこちら

Comments are closed